制御システムについて|デマンドコントロールで省エネ&経費削減!エアコンの省エネ制御装置「Be ONE」

BeONEは15年以上の歴史がある当社の商標登録商品です。

お問い合わせ

TEL 06-6949-8210

メニュー

お問い合わせ

TEL 06-6949-8210

制御システムについて

制御システムによる温度変化について

業務用エアコン・空調機・冷凍機などの消費電力を削減する、省エネ制御装置「「Eco Data Be ONE」の制御システムについて紹介します。

制御による消費電力と温度変化

±1℃で管理している某電子部品製造工場における、30分間の消費電力と温度変化のグラフです。

±1℃で管理している某電子部品製造工場における、30分間の消費電力と温度変化のグラフ

Eco Data Be ONEによる室内温度変化イメージ図(快適温度の説明)

1 「Eco Data Be ONE」で制御した場合、送風状態になるため温度幅がふくらみますが、暑く感じるころに冷気が吹くため「ゆらぎ空調」となり、快適性を維持できます。
2 省エネ方法で推奨されている設定温度を上昇させると温度幅全体が上昇し、不快感が出てしまいます(最低温度上昇)。

圧縮機常時監視による制御システム

圧縮機保護機能

空調機(圧縮機)が停止状態にあった(温度調節など)場合、再起動後の一定時間は圧縮機保護のために制御を行いません。(通常は3~5分間の設定)

例)温度調節による停止が10分間、15%制御、制御が作動しない保護時間を3分と設定した場合

温度調節による停止が10分間、15%制御、制御が作動しない保護時間を3分と設定した場合

通常運転優先機能

制御対象のエアコンなどが長時間停止している場合、室内温度(環境)が変化していきます。この場合、室内温度が設定温度に早く到達できるよう、再起動後の一定時間は制御を行いません。設定温度に近付けてから、制御が作動するので安心です。

例)空調機が15分以上停止した場合に、通常運転優先を20分に設定した場合

空調機が15分以上停止した場合に、通常運転優先を20分に設定した場合

とくに冷凍機に関しては、霜取りが行われた場合、冷凍庫内の温度が上昇しますので、30分程度冷やしから制御が作動するように設定しています。

例)冷凍機が30分以上停止した場合に、通常運転優先を30分に設定した場合

冷凍機が30分以上停止した場合に、通常運転優先を30分に設定した場合

単体の制御プログラム

30分間を1時限とし、設定された制御率・制御回数で作動します。
※制御率は0%、10~50%、100%の設定が可能
※制御回数は1回もしくは2回

例)15%制御の場合、30分に1回・4分30秒間圧縮機を停止

15%制御の場合、30分に1回・4分30秒間圧縮機を停止

例)20%制御の場合、30分に2回・3分ずつ圧縮機を停止

20%制御の場合、30分に2回・3分ずつ圧縮機を停止

複数台の制御プログラム

同室内にエアコンなどが複数設置されている場合、空調機すべてを一度に制御せず順番に制御することで、室内環境に無理がないようにしています。

例)複数台の場合の制御(15%制御)

複数台の場合の制御(15%制御

BeONEのさまざまな導入事例を紹介

業務用エアコン・空調機・冷凍機などの消費電力を削減!省エネ制御装置「Be ONE」に関するお問い合わせTEL:06-6949-8210 FAX:06-6949-8220 お問い合わせはこちら